スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

3. ジュンタロー
はじめまして、今年1月から手巻きに移ったジュンタローと申します。
私も手巻きの美味さにすっかりハマってしまい、毎日ネットを巡って情報をむさぼっては、へ~、ホ~っと感心しながら勉強しておりますw。

ライスペーパーの事で、ちょっと気になったので、書き込みさせて頂きます。JTのサイトと、柘の2014カタログの記事によると、ライスペーパーというのは、米が原料ではないそうです。私を含め、勘違いしてる人の方が多いかも?(^_^;)

名前の由来は、戦時中に兵士が、配給米の紙袋を使って、たばこを巻いていたから・・とか、米のように真っ白だから、とかだそうです。

どちらにせよ、ライスペーパーというのは、市販の紙巻たばこ同様、漂白したパルプ紙だそうですヨ。

では、これからもブログの更新を楽しみにしております!
| Edit
4. 豚骨拉麺
コメントありがとうございます(^^)
コメレスが遅くなってしまってスミマセン。

ライスペーパーの件、ワタクシいろいろ調べ直してみましたが・・・
ジュンタローさんの仰る通りでした。
知識不足で失礼しましたσ(^◇^;)
コメレスと同時に記事を若干修正させていただきました。

ワタクシは喫煙歴は長いですが、手巻きタバコはまだまだ初心者なので今後ともいろいろ教えてください(^^)

ちなみにジュンタローさんはどんなタバコがお好みですか?

自分勝手な言い分がメインという変なブログですが今後ともよろしくお願いします(・∀・)
| Edit

コメントの投稿

トラックバック

ペーパーいろいろ(^^)

どうも豚骨です(^^)
今日もタバコのお話なんですが、今回は少し趣向を変えまして、ペーパーのお話をしたいと思います。

手巻きタバコには、シャグと同じく欠かせないのがペーパーですね。
シャグ1つ1つにいろんな特徴があるワケですが、ペーパーもかなりの種類・特徴があり奥が深いです。

まずペーパーの種類からお話します。




フリーバーニングタイプ(燃焼速度が速い)
俗に言う普通のペーパーです。
シャグのオマケとして付属されているのはほぼこのタイプのペーパーです。
画像は、コルツ製のフリーバーニングタイプ。50枚入り80円。

燃焼速度を速める為、 燃焼促進材が添加されています。
その為、加湿の度合いが強いシャグとの相性がいいとされています。

見た目的には、厚みがあり、一般的のタバコと同じ線を描いたような模様があります。
この「この線が燃焼促進材?」という意見が多いようですね。

「着火すると火薬のような匂いがする」
と形容する方も多いです。

また、フリーバーニング独特の匂いが少ないペーパーもあるそうです。


そして、 
スロー バーニングタイプ(燃焼速度が遅い)
燃えるのが遅い分、それだけ1本のタバコを長く味わえます。

ほぼ、この2タイプに絞られるのですが、このスローバーニングタイプは種類が非常に豊富です。
その代表格と思われる2種類のペーパーをご紹介します。




ヘンプペーパー(主原料に麻を使用)
(画像はZIGZAG製ヘンプペーパー。50枚入り100円)
見た目的に普通のペーパーに比べ薄く、シャグを巻くとうっすらとシャグが透けて見えます。

フリーバーニングタイプと比較し、燃焼促進材が無添加であり、素材が「麻」ということで 焼速度が遅いです。
着火したタバコを吸わずに放置しておくと消えてしまいます。

また、燃焼促進材が無添加という事で燃焼する際の匂いが少なく、タバコの香りがジャマされにくいです。

なお、シャグの喫味を少しマイルドにするという特徴があるそうです。




次にライスペーパー(原料にパルプ・リネン・麻を使用)
(画像はスモーキング・マスター 60枚入り 100円)

見た目的には、ヘンプペーパーより更に薄く見えます。 

特徴としては、ヘンプペーパー同様スローバーニング・燃焼促進材が無添加でゆっくりジワジワと燃焼しタバコの香りをジャマしません。



また、無漂白で見た目が茶色いモノなんかもあります。
(画像はスモーキング・ブラウン 60枚入り 100円)

これはワタクシの主観なのですが、無漂白ライスペーパーの場合、ほのかに香ばしさのようなものを感じます。
この香ばしさがシャグの特徴を引き立てるような気がしてます(^^)

それに巻紙が茶色いタバコって何か雰囲気あってカッコイイきもしますよね(・∀・)



ワタクシはヘンプペーパーを好んで使用しています(^^)
もちろん初めて購入したシャグはいろいろと試しつつ楽しみますよ(^^)

なお、フリーバーニングタイプのペーパーですが、非着香のアメリカンブレンドのシャグとのマッチングがいいような気がしてます。

常用する携帯しているタバコは、出来るだけオマケのペーパーをありがたく使わせていただき、ゆっくりとタバコを楽しめる時間があるときはスローバーニングタイプで巻いて楽しむようにしています(^^)

スローバーニングタイプのペーパー、ワタクシ的には60枚入りで100円と、リーズナブルな「スモーキング」製がお気に入りです。
それに安かろう悪かろではないので、ペーパーにこだわってみたい方にも自信を持っておススメできます( ̄∇ ̄)



画像はスモーキング・ヘンプペーパー。
60枚入り 100円。

そして変わりダネとして、
セルロース製(無色透明のものや着色された半透明の状のもの)

フレーバータイプ(ミント・バナナ・マンゴー等々)

なんかもあります。

まぁワタクシ的には、後者2種類にはまだあまり興味がわかないので、試すのはいつになるかわかりません (^^;)

手巻きタバコを楽しむなら、是非ともペーパーもいろいろ試していただきたいです(^^)

それに、40gのシャグをレギュラーフィルターで巻いて行くと、40~60本は巻けますのでペーパーが足りないという事もあるはすです。
このときの為にも、お気に入りのペーパーを見つけておくといいと思います(^^)

ワタクシはケチなのでオマケペーパーも使いますが・・・(^^;)
オマケペーパーではわからないシャグの特徴が見えるかと思います(^^)

んじゃまた(・∀・)
スポンサーサイト

コメント

3. ジュンタロー
はじめまして、今年1月から手巻きに移ったジュンタローと申します。
私も手巻きの美味さにすっかりハマってしまい、毎日ネットを巡って情報をむさぼっては、へ~、ホ~っと感心しながら勉強しておりますw。

ライスペーパーの事で、ちょっと気になったので、書き込みさせて頂きます。JTのサイトと、柘の2014カタログの記事によると、ライスペーパーというのは、米が原料ではないそうです。私を含め、勘違いしてる人の方が多いかも?(^_^;)

名前の由来は、戦時中に兵士が、配給米の紙袋を使って、たばこを巻いていたから・・とか、米のように真っ白だから、とかだそうです。

どちらにせよ、ライスペーパーというのは、市販の紙巻たばこ同様、漂白したパルプ紙だそうですヨ。

では、これからもブログの更新を楽しみにしております!
| Edit
4. 豚骨拉麺
コメントありがとうございます(^^)
コメレスが遅くなってしまってスミマセン。

ライスペーパーの件、ワタクシいろいろ調べ直してみましたが・・・
ジュンタローさんの仰る通りでした。
知識不足で失礼しましたσ(^◇^;)
コメレスと同時に記事を若干修正させていただきました。

ワタクシは喫煙歴は長いですが、手巻きタバコはまだまだ初心者なので今後ともいろいろ教えてください(^^)

ちなみにジュンタローさんはどんなタバコがお好みですか?

自分勝手な言い分がメインという変なブログですが今後ともよろしくお願いします(・∀・)
| Edit

コメントの投稿

トラックバック

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。